今年度も『就実こども園』のお子様とリトミック!

昨年に引き続き2018年度も『就実こども園』において、<リトミック>の授業を受け持たせていただくことになりました。

『就実子ども園』は、就実学園(就実大学・就実短期大学・就実中学校・就実小学校)の一貫教育の中から生まれた幼児教育の実践の場です。

前年度はレッスン時間が60分と限られた中、年長さん、年中さん、年少さんの3クラスが交代で受けてくださいました。

一クラスの持ち時間が短かったので、毎回が『体験レッスン』のような感じになり、お子様の音楽力として定着するには時間が足りないな~と残念におもっていたところ、

今年度から120分の授業時間を受け持たせていただくことになったのです。よかった~!

リトミックのカリキュラムを丁寧にぎゅーっと凝縮して作ることが出来ますこと、とても嬉しく思います。

 

音楽力は一夜漬けで身につくものではなく、積み重ねが大切。

年間通して行われる音楽の専門指導者によるリトミックの実践は、お子様たちの音楽力が増すだけでなく、協調性や運動能力の向上にも必ず役立つと確信しております。

 

さて、画像は昨年、就実こども園で開催された講演会とリトミックの実践の画像です。(HPに画像を掲載するのを忘れ今頃のご紹介です。sns発信はご許可をいただいております)

リトミックをご存じない保護者のお父様、お母様たちに、まずはリトミックを体験していただこう!というスペシャルな時間でした。

保護者様、約170名のご参加。

その日は朝からお子様たちへのリトミックの授業を、年少組さん、年中組さん、年長組さんと連続で受けていただき、

そのあと保護者様への講演が続くという、とてもハードな『参観日』でした。

 

準備に時間を費やし大変でしたが、園長先生から、保護者の皆様に大変好評で喜ばれました~という温かいお言葉をいただき、とても嬉しかったです。

今年度も頑張ります。

 

ナオコリトミック・シューレ発信の<ナオコ・リトミック>を、就実こども園さんをはじめ、近隣の保育・幼児教育の現場でもご紹介出来る機会をこれからも大切にしたいと思います。

 

 

 

関連記事

PAGE TOP