ナオコ先生の不思議なリズム歌

ナオコリトミック・シューレ受講生の皆様ですと、

『ナオコ先生の作った不思議なリズム歌』と聞いただけですぐに

『あ~、あの歌ね~!』とお分かり頂けると思います♥

 

<不思議なリズム歌>の中には、実は7種類の音符と4分休符、そしてシンコペーションのリズムワークが入っているので、

この歌を覚えて手打ち(唱えながら手拍子でリズムを取ること)するだけで、様々な種類の音価やリズムが習得できるという、

ある意味本当に<不思議な歌>なのです。

 

初めてピアノレッスンをスタートされるお子様に、全音符、付点2分音符・2分音符・4分音符・8分音符・4分休符の説明に長い時間を取ることなく、

いきなり楽譜を見ながら正しくリズムを取って打鍵練習に入っていただくにはどうしたら良いだろう~?と考えた末に出来た『不思議なリズム歌』、たったの1曲約20秒!

 

すぐに覚えることが出来ますし、この曲を知っているだけで楽譜を見ながら正しくリズムを取り、弾くことができます。

この<不思議なリズム歌>はリトミックレッスンの最後に必ず登場します。

ぜひ覚えてご活用ください。

 

 

ナオコリトミック・シューレのリトミックはピアノ教育に直結した内容になっております。

 

リトミックとはもともとピアノ教育の導入としてスイスのダルクローズ先生が考案した音楽教育メソッドです。

ピアノを始める前にまずはナオコリトミックで音楽の基礎力を養いましょう。

 

 

関連記事

PAGE TOP